ニュース

  • page print
  • page download

FINA史上、最も成功した大会に選ばれた「2019光州世界水泳選手権大会」

작성자 : admin작성일 : 2019-08-12 09:4820
파일
Attachment Full (compressed) Download
28日午後、光州東区にある国立アジア文化殿堂で、2019光州世界水泳選手権大会閉幕式、文化イベントの打ち上げ公演が始まる前に写真撮影をしている。(2019.7.28)28日午後、光州東区にある国立アジア文化殿堂で、2019光州世界水泳選手権大会閉幕式、文化イベントの打ち上げ公演が始まる前に写真撮影をしている。(2019.7.28)左上から時計回りに、韓国のキム・ソヨン選手、中国の水泳スター孫楊の大会4連覇、オーストラリアのマシュー・ウィルソン、世界タイ記録を更新、女子リレー800mで優勝したオーストラリア女子代表の歓ぶ場面が捉えられた。左上から時計回りに、韓国のキム・ソヨン選手、中国の水泳スター孫楊の大会4連覇、オーストラリアのマシュー・ウィルソン、世界タイ記録を更新、女子リレー800mで優勝したオーストラリア女子代表の歓ぶ場面が捉えられた。28日午後、光州東区にある国立アジア文化殿堂で開かれた、2019光州世界水泳選手権大会閉幕式の文化イベントで、「生命の循環」をテーマにしたパフォーマンスが繰り広げられている。(2019.7.28)c.連合ニュース28日午後、光州東区にある国立アジア文化殿堂で開かれた、2019光州世界水泳選手権大会閉幕式の文化イベントで、「生命の循環」をテーマにしたパフォーマンスが繰り広げられている。(2019.7.28)c.連合ニュース
| 歴代最大規模、数々の記録で最高の大会という賛辞
| イ・ヨンソプ組織委員長、28日閉幕記者会見
| 歴代最大規模の選手団の参加...世界及び大会新記録23個樹立
| 低コスト、高効率な国際大会の成功モデルが完成‧三鄕の光州、世界に広める
| 8月5日から18日までマスターズ大会開催

2019光州世界水泳選手権大会が全世界に南道の香りを知らせる閉幕公演を皮切りに、大会旗を次期開催地に渡し、17日間の日程にピリオドを打ちました。

28日午後5時から、国立アジア文化殿堂で1時間行われた閉会式の文化公演は、「生命の循環(Circle of Life)」というテーマで、美しい南道の季節の美しさと人間のライフサイクルが絶妙にマッチしたオムニバスファンタジーなパフォーマンスを繰り広げました。

この日閉会式にはイ・ナギョン首相をはじめ、イ・ヨンソプ組織委員長などと、招待客、国際水泳連盟(FINA)の関係者など1万人余りが参加したと伝えられ、公演観覧前にイ組織委員長はあいさつで、「2019光州世界水泳大会が成功した大会になるようサポートしてくれた国際水泳連盟(FINA)と関係者、選手団、ジャーナリスト、韓国国民と150万の光州市民など、全ての方々に感謝する」という意を伝えました。

閉会式の公式イベントは、1万人余りで埋め尽くされた南部大学の主競技場において、午後8時競泳決勝戦の観覧で開始した。160分間の観戦に続き、午後10時40分から行われた閉会式の公式イベントでは、17日間の光州の情熱と熱戦を盛り込んだハイライト映像を通して、観客はその時の感動を振り返った。

17日間の熱い情熱と喝采、そして新記録が続出した世界水泳人の祭典、光州世界水泳選手権大会は、イ・ヨンソプ光州広域市長、兼組織委員長の閉会宣言を最後に、2021年、日本の福岡で再び会うことを約束して熱戦の大イベントを締めくくりました。

194ヵ国、7500人余りの参加国・選手 過去最大!8つの世界新記録「数々の記録の宴」

2019光州世界水泳選手権大会は、多数の世界新記録が続出し、世界水泳史を新たに書き加える記録的な大会となりました。今回の大会で世界の舞台に初挑戦した選手、難民出身で東京オリンピックの参加を夢見て競技に参加した選手もいました。

光州世界水泳選手権大会、組織委員会によると、今回の大会は194カ国から7500人余りの選手団が参加し、国際水泳連盟(FINA)が主管する大会の中で歴代最多出場国、最多出場選手の新記録を立て、今回の大会は2020年東京オリンピック出場権の43%が割り当てされ、過去のどの大会よりも名勝負が繰り広げられました。

今回の大会で世界新記録8個、大会新記録15個、韓国新記録の4つが打ち立てられ、世界水泳の歴史を新たに書き加えるきっかけになり、中国が16個の金メダルで総合1位、アメリカが15個の金メダルで総合2位を収め、続いてロシア、オーストラリア、ハンガリーなどがその後に続きました。韓国ではキム・スジ選手の銅メダル獲得で総合23位の成績を収め、韓国水泳の可能性を示しました。

キム・スジ選手が1mのスプリングボードでダイビング史上初めてのメダルとなる銅メダルを獲得、韓国ダイビング史に新たな道標を打ち立て、今回の大会で韓国唯一のメダリストになりました。大会期間中最大の話題を集めたチームは、断トツで韓国女子水球チームが挙げられます。大会の目標は、「1勝」ではなく「1ゴール」で、ロシアとの2回戦の歴史的な初ゴールを決めるのに成功しました。代表チームの成績は5戦全敗、最下位の16位でしたが、最後まで最善を尽くした選手たちは、金メダル以上の感動を国民に届けました。男子水球も執念と魂でニュージーランドとの15‧16位決定戦においてサドンデスで5-4で勝ち、史上初勝利という記録を打ち立て、韓国水泳の歴史を新たに書き加えるきっかけを作りました。

「低コスト、高効率の国際大会」の成功モデルを提示

2019光州世界水泳選手権大会では、平昌冬季オリンピックの物品を一部再利用して好評を得ています。
24日、大会組織委員会によると、今回の大会で7億5千万ウォン相当の平昌オリンピックの物品を再利用しており、
飛び込みと水球が行われた南部大学のプールは、2015光州夏季ユニバーシアード大会当時使用した施設で、観覧席などを組み立て式の建物で建設、大会後に撤去される予定です。水球とハイダイビングの競技場は鉄骨と貯水槽を借りて作った臨時の建物で、大会が終わると来年の東京オリンピックで再利用する計画です。

2019光州世界水泳選手権大会はどの大会よりも少ない予算で行われましたが、先端施設や効率的な運用により、事後の施設管理や活用の問題、自治体の財政負担など「副作用」のない完璧な大会になったと評価されており、光州広域市長は、「派手な見た目ではなく、実質を選び、市民の貴重な税金の投入を最小限に抑えながらも、都市ブランドの向上、市民の自負心の向上、レガシー事業などを通じて、大会の開催に伴う有形無形の効果を持続させていく」と強調しました。

「終わらない祭典」 8月5日から18日まで開催されるマスターズ大会

世界的な水泳選手たちの競争は終わりましたが、まだ大会がすべて終わったわけではありません。アマチュア水泳愛好家の選手たちの競争であるマスターズ大会が8月5日から18日まで行われ、マスターズ大会では全世界200カ国以上の水泳愛好家15000人が参加登録を終えました。

光州市は世界水泳大会と同様に、市民サポーターを運営する計画であり、大会の成功がマスターズ大会まで続くよう、光州市と組織委員会はもちろん、光州市民の高い関心と市民意識を期待します。