ニュース

  • page print
  • page download

光州市、「超格差」を成し遂げる公共機関長の革新的なリーダーシップを強調

작성자 : admin작성일 : 2019-11-05 14:517
파일
Attachment Full (compressed) Download
| 人工知能中心都市づくりに公共機関の力量を結集
| 光州広域市長、変化とスピードの時代、生存戦略として‘革新’を注文付ける
| 23日大韓民国AIクラスターフォーラムを開催

光州広域市は、21日午前、市庁の中会議室にてイ・ヨンソプ市長の主宰の下、24機関の公共機関長会議を開催し機関別の懸案を共有しました。

この日、各機関は主要懸案業務について互いに共有し疎通と協業体系を固め、懸案業務の話し合いに先立ち光州グリーンカー振興院が「光州自動車産業革新クラスター造成」というテーマで優秀革新事例を発表し、その成果を紹介しました。

この日の会議でイ・ヨンソプ光州広域市長は、公共機関長らに光州型雇用モデルに続き「人工知能中心都市光州(AI Hub City Gwangju)」づくりの成功を収めれるよう力量を結集させることと21世紀という変化とスピードの時代での生存と繁栄のために全力で「革新」を重ねていくことを注文付けました。

イ・ヨンソプ光州広域市長は「産業不毛地である光州が世界的な各都市を追い抜くことができる唯一の突破口が第4次産業革命であり、その核心が人工知能である」と述べ、「推進委員会の発足、人工知能タクス・フォース(T/F)とAI社内大学の運営、光州科学技術院(GIST)の人工知能大学院選定、シリコンバレー訪問など相次いだ成果を得た」と強調しました。

続けて「光州型雇用に続き光州型AIビジネスモデルを成功させ、大韓民国を人工知能四大強国としてそびえ立たせることが今の光州に与えられた時代的な使命である」と述べ、「先日23日に開催された第1回大韓民国AIクラスターフォーラムへの公共機関らの高い関心が必要である」と伝えました。

またイ市長は「21世紀の変化とスピードの時代に生存と繁栄のための戦略は『革新』である」と述べ、「過去の事例を踏襲したり、決められた枠に止まることなく、果敢な革新的なリーダーとしての意志と構成員の自発的な実践がライバルが追随できない超格差を作り出せる」と述べながら‘革新’を注文付けました。

イ市長は「12月に開催される会議では、機関別の成果創出結果の報告を受ける」とし、「最後まで情熱を注ぎ、今までの努力が価値ある成果と結実を結ぶことを期待する」と語りました。
一方、市長が主宰する機関長会議と行政副市長が主宰する副機関長会議は、去る2月から隔月制で行われており、2月の機関長会議を皮切りに今月まで延べ9回行われました。

光州市は、今後も公共機関との疎通と協業を強化するために機関長会議や副機関長会議を持続的に行っていく計画です。