教育システム

  • page print
  • page download

韓国の教育システムは小学校6年、中学校3年、高等学校3年、大学4年(専門大学 2~3年)となっています。 さらに、大学には2~3年の修士課程、約2~3年の博士課程があります。

韓国の学制表
韓国の学制表
年齢 学歴 課程 課程名
一般課程 特殊課程
3 就学前教育 幼稚園 特殊学校
4
5
6 1 初等教育 小学校 特殊学校
7 2
8 3
9 4
10 5
11 6
12 7 中等教育 中学校 特殊学校 公民学校 各種学校
13 8
14 9
15 10 高等学校 特殊学校 放送通信高等学校 技術学校 各種学校
16 11
17 12
19 13 高等教育 大学(学士) 専門大学(2~3年) 産業大学 教育大学 技術大学 遠隔大学 放送通信大学
20 14
21 15
22 16
23 17 大学院(修士)
24 18
25 19 博士
26 20
27 21

教育課程

学期
韓国では全国すべての学校で3月に新学期が始まります。7~8月中に夏休みがあり、9月に2学期が始まります。そして12~2月に冬休みがあります。
  • 新学期 : 3月
  • 1学期 : 3月~8月
  • 2学期 : 8,9月~2月
小学校
韓国の初等教育は無償の義務教育で、国民生活に必要な最も基本的な教育を実施します。通常韓国の子供は3-5歳になると幼稚園に通い、満5歳から就学が可能ですが、通常6歳で小学校1学年に入学する。小学校は授業年限が6年で、ほとんどが公立学校です。公立と私立の教育課程は別段差がありません。
中学校
中学校は小学校で受けた教育の基礎をもとに、中等普通教育を行うことを目的とします。1969年から中学校入学は無試験制となり、中学校入学希望者全員が居住地から近い学校にコンピューター抽選によって決められます。授業年数は3年で、無償義務教育です。私立学校が占める割合は小学校に比べて高いものの、国立、公立、私立の教育課程に大きな違いはありません。
高等学校
高校の教育は、中学校で受けた教育の基礎の上に、中等教育と基礎的な専門教育をすることを目的とします。高校は一般高校、特性化高校と特殊目的高校(外国語、芸術・体育、科学高校)に分けられます。修業年限は3年で、学費は自費負担です。特性化高等学校および特殊目的高校は、本人が学校を選択しますが、一般の高校は中学校のように居住地から近い学校に抽選によって割り当てられるのが一般的です。

※ 外国人の生徒が韓国の小・中・高校に入学するにあたっての制限はありません。現行の教育法上、外国人生徒の入学は学校の学則によって決まるため、学生が希望する学校を訪問して入学相談を受け、学校の案内に従ってください。

専門大学
専門大学は中等教育以降のプログラムを提供します。全国に138つの専門大学があり、9つは国公立で残りは私立です。専門大学の教育目的はしっかりとした理論を理解し基礎技術を持つ中間層の技術者を育成することにあります。実務的な専門知識や技能を身に付け、卒業後は就職したり必要な場合は4年制大学に編入することもできます。
大学
学士号が開設された4年制大学は現在韓国に243の大学があります。医学、韓医学、歯科医学は6年課程です。韓国の大学は総合大学の形で運営されるため、大学ごとに様々な学科が設置されています。各大学は単位の取得、卒業に必要な最低単位、標準単位、学期ごとに取得できる最高単位、取得方法と特別単位に関する制限など独自の学事規定を設けています。学校は設立主体によって国立、市立、私立に分けることができ大部分の大学が私立です。

※ 大学ごとに入学条件が多少異なりますが、大きな違いはありません。韓国に留学したいという気持ちさえあれば、大学入学はさほど難しくないといえます。専門大学も独自の韓国語研修プログラムを運営しているため、言葉も大きな問題にならないでしょう。

※ 大学における外国人留学生のためのプログラム
  • 正規学期プログラム : 一般正規講義
  • 交換留学プログラム : 外国の姉妹提携大学との交流協定による学生交流
  • 季節学期プログラム : 夏・冬休み中の正規課程、韓国語研修、その他の講義
修士および博士
各大学の大学院には2~3年の修士課程、約2~3年の博士課程があります。
大学院には一般大学院(学問の基礎理論と学術研究の教育を目的)、専門大学院(実践的理論の応用と研究開発を目的)、特殊大学院(夜間講義を開設、社会人に教育の機会を提供)があります。

担当課 : 光州広域市教育庁  初等教育課

電話 : +82-62-380-4342